カテゴリー
essay music リンク

ぼくにとっての第28章。

この文章は、音楽家・岸本みゆうに書いた文章を、加筆訂正したものです。


1980年12月9日火曜日、ぼくは20歳になったばかりで、鳥取県西部にある米子市に住んでいた。

10月28日の誕生日には、下宿のきれいなお姉さんにカードをもらったんだ。「まっすぐに生きようと思うな 曲折多き人生も また美しいではないか」って書いてあった。好きだったな、そのお姉さん。ロマンスも何もなかったけど。

「きみ、作家になれる。文章を書くといいよ。」そんなことを言われたこともあった。ぼくが音楽をやっているって言うと意外な顔をされたんだった。

前の年に、高校を卒業したあと、東京の専門学校に行ったんだけど、続けるのがめんどうになって、退学届けを出して、鳥取に帰ってきた。

ちょうど親戚の建築会社で募集していたんで、大工の見習いをすることになった。その会社の下宿だった。

当時、その下宿に住んでいたのは、高齢の女性が二人と、近くのデパートに勤める20代の女性とぼくの4人。一軒家で、作り置きの料理の余りものを分け合うような、当時は、たぶんよくあった家族的な昭和な下宿だった。

自由に使えるキッチンが部屋の近くにあって、そのころ下宿にいるときはヒマだったので、ほぼ毎日自炊をしていた。その日の夜は日曜日に作ったカレーを温めて食べた。大きな深い鍋を買ってきて、3日続けてカレーを食べることも珍しくなかったんだ。

仕事はきついこともあったが、みんな優しい人ばかりで、楽しんでやってた。昭和56年(1981年)が酉年(とりどし)ということで、雪の多い冬だったが、境港に近いところで、人が住めるくらいの大きな鳥小屋の建築を手伝っていた。

当時は、インターネットも携帯電話もない。目覚まし時計代わりに使っていたラジオから、そのニュースが流れてきた。ぼくの中に世界が止まったような感覚があった。

「12月8日、ニューヨークの自宅前で、ジョン・レノンが銃で撃たれて亡くなりました。」

記憶は今でははっきりしていないけれど、泣きはしなかったと思う。ただ、体じゅうのいろんなところに穴ぼこが開いたような感じがした。

ぼくが会社を辞めて下宿を出たのは、翌年の2月だった。

マーク・チャップマンが開いたのが、「ライ麦畑でつかまえて」の第27章だったのだとしたら、もうその章は終わったと思う。今から始まるのは、第28章だ。

これから新しい世界が始まる。始まらないといけないと思ってる。

(ジョン・レノンの写真はジョン・レノン – Wikipediaから拝借しました。)

カテゴリー
essay リンク

コンタクトを外した後に。

最近は、この黄色い目薬を使っています。

まじ、よく効く。

でも、この目薬を使ったあと、しばらく涙が黄色(笑)

乾燥とか、紫外線とか、角膜がやられたことがあって、そうなると、めっちゃ目が痛いんだよね。

それで探して、この目薬に出会った。

★使用期限2021年7月お一人様8個まで【第2類医薬品】サンテメディカルガードEX 12ml【参天製薬】【クリックポスト対応】

価格:829円
(2019/12/8 22:18時点)
感想(0件)

コンタクトレンズを外した後も目が楽です。次の日の朝、コンタクトレンズを装着するときも、前に感じていたような違和感がないですね。
(個人差がありますってやつでしょうけど)

この記事から、TOPページに最新記事が表示されるように変更しました。

Tori-iwa/しあわせを はこぶ鶏

カテゴリー
リンク

ボーカルとギター

ここには、音楽ライブユニットぽんかん。が、ボーカルでギターで演奏したことのある曲目を掲載しています。(アイウエオ順)

※リンク先の録音には、ギター以外の伴奏によるもの(例えばピアノ弾き語り、伴奏。オカリーナなど)も含まれます。

アイ・ドリームド・ア・ドリーム
アイル・シー・ユー・イン・マイ・ドリーム
赤とんぼ◎
明日
アベ・マリア(カッチーニ)
アメージング・グレース
アルフィー (テイク2)
いつも何度でも

いのちの名前
インフィニティ
歌の翼に
美しき天然
海のおかあさん
エーデルワイス
エブリィバディ・ラブズ・サムバディ
オーバー・ザ・レインボー
大きな古時計
おぼろ月夜◎
オルフェンズの涙
オン・ザ・サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート
オン・マイ・オウン
クローズ・トゥ・ユー
言葉にできない
五番街のマリーへ
さくらんぼの実る頃 (テイク2)
酒とバラの日々
ザッツ・ホワット・フレンズ・アー・フォー
さとうきび畑
サマータイム
ザ・シャドー・オブ・スマイル
ジュピター◎
スカボロー・フェア
スタンド・アローン
スマイル
センチメンタル・ジャーニー
ソー・イン・ラブ
蘇州夜曲
タイム・トゥ・セイ・グッバイ
竹田の子守唄
たしかなこと
黄昏のビギン
テネシー・ワルツ
テルーの唄
ドゥ・ユー・ノウ・ホワット・イット・ミーンズ・トゥ・ミス・ニューオリンズ?
時には昔の話を
ドナ・ドナ
ドリーム
ナイト・アンド・デイ
泣かせてください
涙そうそう
七つの子
平城山(ならやま)
野に咲く花のように
芭蕉布
ハナミズキ
埴生の宿
ビヨンド・ザ・シー
フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
ブリッジ・オーバー・トラブルド・ウォーター
ブレッシング・祝福
フロム・マイ・ファースト・モーメント
棒人間
星影の小径
星めぐりの歌 (YouTube)
炎のたからもの
ホール・ニュー・ワールド
ホワイト・クリスマス
ホワット・ア・ワンダフル・ワールド
マイ・ブルー・ヘヴン
胸の振り子
メイ・イット・ビー (いわみ音楽祭)
メイビー・イッツ・ユー
モア
木蘭の涙
もののけ姫
約束
椰子の実◎
ユー・レイズ・ミー・アップ
夜空ノムコウ
夜の女王のアリア
ラヴァーズ・コンチェルト
ラ・メール
ザ・ルック・オブ・ラブ
ザ・ローズ◎ (YouTube)
我が麗しき恋物語
私のお父さん
ワルツ・フォー・デビー

カテゴリー
リンク

雨が降らなかった、嬉しい一日

梅雨の時期の雨は、貴重だ。

田植えが終わった後の稲の生育にも影響する。

新しい感性、たとえば若い人には、この季節の雰囲気を感じる新しい指標になる。

それは、1年のうちの、わずかなこの時期にしかないものだ。

都会で生まれ育つと、この季節感が皆目わからないということが、田舎にいると、わからない。

ぼくが子どものころ、雨が降ると、まっすぐ垂直に空を見上げた。同心円状に雨のしずくの軌跡が見えるのを、口を開けて眺めていた。

同心円状に降る雨には、強弱がある。リズムがある。YouTubeもiTunesも、Spotifyも何もいらない。音楽は常に体の中にあった。

今日は眠いので寝る。また続きは書こう。

カテゴリー
music リンク

田後90楽器博物館の目次(製作中)

#1 めんちくのケーナ工房・井上文夫さん制作のケーナ
#2 鈴木楽器製作所クロマティック・ハーモニカSCX-64
#3 トンボ楽器エアロリーソ(ブルースハープ)
#4 黒坂黒太郎コカリナ
#5 ホーナー・クロマティック・ハーモニカ「クロモニカ」10穴
#6 イカロス・トリプルオカリナ
#7 プリマ楽器・マエストロバスC(オカリーナ)
#8 ヨシツカオカリナ・D♭管(アルト)
#9 ホルトン・メタルクラリネット
#10 茶カリナ

◆スポンサードリンク


#11
#12
アウロス・ソプラノリコーダー105A(E) バロック式「ベルカント」
アウロス・ソプラノリコーダー502B(G) ジャーマン式「シンフォニー」
#13 ドイツホーナー社のクロマチックハーモニカ、CX12
#14 庵(いおり)オカリナのソプラノC管
#15 セルマー・クラリネット10S
#16 エレキギターEpiphone SG Special(エピフォン・エスジー・スペシャル)
#17 アンデス25F
#18 ヨシツカオカリナ・A♭
#19 Zinオカリナ「ボタン付き」
#20 木製オカリナ
#21 工房“悠”ソプラノDオカリナ
#22 プラスチックのオカリナ
#23 アケタオカリナアルトG
#24 アケタオカリーナ、テノールF
#25 アケタ・ダブレット(オカリーナ)C管
#26 ルナ・ギター
#27 こんなに小さくても、トリプル
#28 Zinオカリナ
#29 ヨシツカC
#30 アケタ(プリマ楽器)B♭管オカリナ
最低音ソの出るオカリーナ

◆スポンサードリンク


#31
#32
2本のケーナ,エル・ヴィエントと大木岩夫さんのケーナ
カテゴリー
music リンク

オカリーナ教室のご案内

それぞれの、オカリーナ教室の紹介記事をじっくり時間をかけて書きます。まだまだ、書きかけです。

既に一覧にして、まとめたものが、パソコン教室のエフセブンの方にあります。なぜ?パソコン教室に?と思われるかも知れませんが、エフセブンは、音楽教室もやっています。以下のリンクは、そのパソコン教室のエフセブンのオカリーナ教室のご案内として掲載しているページです。
オカリーナ教室のご案内・・・パソコン教室のエフセブン

岩美町

スマイルフラワー | ママリーナ

ママリーナは2018年4月より活動休止です。

鳥取市

あか音ぐも | NHK文化センター | オカリーナふくふく | 雅鳥クラブ | カプチーノ | グリーンパラソル | たんぽぽ | 畢竟院 | メリーグース

八頭町

井上グループ | やずオカリナの会・オカシーナ

倉吉市

白壁天女琴リーナ | 天女クラリーナ | にじいろ

三朝町

森の響き

以上、鳥取県東部13、鳥取県中部4、合計17グループです。

カテゴリー
music リンク

ぽんかん。録音

 2017年10月9日(月)演奏のために準備していた曲目を録音してみました。音楽ライブユニット ぽんかん。の演奏は、下記のYouTubeや、SoundCloudでも聞くことができます。音楽ライブユニットぽんかん。のホームページ

◆スポンサードリンク


『Jupiter』

 吉元由美作詞・G.ホルスト作曲

 歌とギターだけの演奏です。

『糸』

 中島みゆき作詞・作曲

 これも歌とギターのみ。

『星めぐりの歌』

 宮沢賢治作詞・作曲

 これも歌とギターのみ。

『カッチーニのアヴェ・マリア』

 ヴァヴィロフ作曲

 歌とオカリーナのみ。

『舟歌』

 オッフェンバック作曲

 ホフマンの舟歌として有名な曲です。歌とオカリーナ。

『スターダスト』

ホーギー・カーマイケル作曲

 オカリーナとピアノ

『ムーン・リヴァー』

 ジョニー・マーサー作詞・ヘンリー・マンシーニ作曲

 オカリーナとピアノで始まり、2番から歌が弾き語りで入ります。

『ガブリエルのオーボエ』

 エンニオ・モリコーネ作曲

 オカリーナとピアノ。

『月夜の森』

 宗次郎作曲

 オカリーナとピアノ

『天空のオリオン』

 宗次郎作曲

 オカリーナとピアノ

iPhoneで撮影・編集・投稿 YouTube動画編集 養成講座

カテゴリー
リンク

岸本みゆう「私」に関するリンク

このブログ主である岸本みゆうに関するリンクです。

楽器店

【楽器買取ネット】

友人・知人関係

お世話になっている医療機関等

ホームページの宣伝、アクセスアップの無料検索エンジン「サイト登録.com」