カテゴリー
essay pc

やばい!腹筋30回がキツイ。

ひとまず、今日は腹筋運動を30回しました。久しぶりだったので、たった30回がきつかった。これからは、50回を日課にしないとね。

いつも、夏になると、トレーニングを始めます。冬の間は、できないので。・・・できないことに、してます。

熱中症がニュースになるような時期に走り始めたり、してます。

今年は、まだ、ですね。

去年は5月~6月は腰痛で、寝て過ごしました。

暑いときに汗をかくのが、気分的には好きです。ただ、体は、用心をしないといけません。なので、日々の記録は必要かなと思います。今日がどうだったかを知れば、何が必要か、どうしたらいいかが、わかります。ストレッチも必要ですし、お酒を控えたり、睡眠や休息との関係も見ないといけません。

タイトル画像は、iPadやAndroidタブレットで使っているBluetoothキーボードのiclever IC-BK03ですが、広げる前は上下がわかりにくくて、広げてから「おっと。」となることが多かったので、アップルマークのシールを中央に貼りました。

これで、「おっと。」はなくなって、サッと取り出して、すぐに広げて使えます。

カテゴリー
essay music pc

季節は変わる

午前中は、個人の家での音楽レッスン。内容はコード理論だったり、ギター演奏だったり、いろいろだ。午後は、オカリーナの教室が2コマ。夕方から、パソコンのサポートだった。

「こうして、皆さんがお元気で仕事をさせていただいています。感謝しています。」ここのところ、毎回言う言葉だ。

個人事業主であり、音楽家としては自由業(フリーランス)なので、ひとつひとつの場所がなければ、収入が途絶えてしまう。この1ヶ月、イベントはすべて中止となったし、イベントに関しては今後の予定も入っていない。収入は減りはしたけれど、事務所は自宅なので、家賃の心配はない。

鳥取県に関しては、コロナの感染は見られていない。ふつうに生活していてもいいくらいの状況だけれど、世界の状況や、日本国内に関しては、マスコミの煽り方がハンパない。鳥取県内でも医療従事者の苦労は相当きついと聞く。

鳥取県・三朝町「かじか橋」のかえる。雨に濡れて生き生きとして見えた。

先日「ツバメを見た。」という方がおられたが、ぼくも今日確かにツバメを見かけた。季節は確実に変わる。今日一日は雨模様だったが、暖かだった。

かじか橋のたもとの桜は、二分咲きだった。
カテゴリー
essay music pc

春の強い風

自宅にいて、1、2時間空きがあるときは、掃除、洗濯、片付けですね。多くの方の日常だと思いますが。

今日の午前中はそうでした。

いきなり春の陽気で、暖かくて、晴れました。ただ、風がめちゃめちゃ強かった。

鳥取、というか、山陰側は、コロナ騒動とは少し距離感があります。マスクしないで通りを歩いている姿も珍しくありません。このまま平常でいてほしいと思います。

これって、人口密度、そのままやなぁ。そんな感じですね。砂丘とか、観光地に行けば、京阪神ナンバーのクルマは並んでいるし、交流人口は決して少なくない。ただ、中国からの団体さんは見かけませんね。

あんまり、意に介さない風土もありますね。基本、他人事(ひとごと)です。「煮えたら食わぁ。」とは、よく言われます。

政治にしても、時事にしても、ニュースやテレビのワイドショーはぼくは見ないけど、鳥取の人は、よく見ると思います。スタンスは「見物」です。我が身に感じていない。コロナもこういう風土からは逃げちゃいますね。実際、それでいいのです。

午後からは、パソコン講座をやりました。エクセルです。

なんでいきなりパソコンの講座を始めたのか、この辺の経緯やどんなことを始めたのか、などは、パソコン教室のエフセブンの方に、あとで書いておこうと思います。

夜はオカリーナ教室でした。今日もよく働きました。楽しい一日でした。

カテゴリー
essay pc

パソコンで年賀状。

鳥取市の湖山地区公民館で、パソコンで年賀状を作る講座4時間が終了しました。

今回作成した講座の資料です。

「筆ぐるめ」で「連名」が入力されているのに、プレビューに表示されないという現象がありました。カードを作り直すことで回避できますが、これは今もって謎です。

「筆ぐるめ」Ver.19では、「宛て名専用」の入力画面があって、「自宅」か「会社」を選ばないと「一覧表示」ができない仕様となっています。

いろいろハプニングもありましたが、にぎやかで、和やかな楽しいパソコン講座になりました。

パソコン教室のエフセブンのホームページ「レッスン♪出前します!!」

年賀状は書かない、出さない。

私自身は、20年近く1枚も年賀状を書いたことがありません。来ても、返信しません。年々音信不通になる方が増えますが、しょうがないことかなと思っています。

きっかけは、ある年の年賀状が500枚を超えたことでした。次の年は枚数を制限して、出す人、出さない人を振り分けようとしましたが、無駄に時間を費やしただけでした。

SNSが普及し始めた頃だったので、交流のある人とは、常につながっているという感覚があって、年賀状は費用も時間もかかるし、無駄だと思うようになりました。

年賀状がなければ、切れてしまう関係がある。

ふだんは交流がないけれど、ほぼ「生存確認」のような細い糸としての旧友とのやり取りというのも、歳を重ねるごとに意味があるのかなと思います。

そんな風に旧知の方とだけ年賀状のやり取りをしている方もおられます。出張でパソコンサポートやレッスンをしているので、この時期だけ、呼ばれることも多いです。

そういう方は、パソコンに触るのも、年賀状の時期だけで、プリンタの電源も久しぶりに入れるみたいな感じです。

カテゴリー
essay music pc

9月17日93歳の青年

今日がどんな日だったかを手短に書いておこうと思います。

午前中、パソコンのレッスンでした。いろいろやりました。「いろいろなことを、その都度やる。」ここでは、いつもそういうレッスンです。レッスンもいろいろです。徹底的に同じことを時間をかけてやることもあります。それは、パソコンの場合も、オカリーナやほかの音楽レッスンの場合も、同じです。ぼくに求められていることに対して、応えていると、自然そうなります。

午後、訪問演奏がありました。鳥取市国府町の「和みの郷(なごみのさと)」というところです。敬老の会みたいなのがあって、30人くらいのお年寄りの前で、オカリーナ教室の生徒さんたちと一緒に演奏してきました。とても93歳とは思えない、若々しい「青年」がおられました。人間、年齢ではないのだなということを改めて実感させられました。
◆スポンサードリンク



オカリーナ教室の生徒さんの一人は陶芸をされる方です。近くの公民館(コミュニティセンター)で陶芸の作品展があるということでしたので、訪問演奏に行った生徒さんたちと陶芸の鑑賞会に行きました。鳥取は自然も、人も、それぞれの文化も素晴らしいところです。見応えがありました。作品の作者ご本人もおられるので、許可を得て、椀やら、皿やらを手に取らせていただきました。見てもよし、手触りもよし。さまざまな趣向も感嘆しきり。

夕方はパソコンサポートに行きました。エクセルとCD作成でした。手順の説明と、質問に対する回答をします。スムースにいき、その後もうまく行ったよとLINEでメッセージをいただきました。ここは、しばらく安泰です。

岩美町に帰り、ジュンテンドーで大きめの滑り止めシートを購入しました。トランクスペースにひいて、ギターケースがコトコトクルマの荷室で動かないようにするためです。クルマの使い勝手がまたよくなりました。

カテゴリー
essay pc

春の風、春の雨

この季節では、遠くの山々を見ると、緑がみずみずしく見えます。それはまさに今芽吹いたばかりの若葉の色に見えて、「萌えている」ということばがぴったりくるようです。

今日は朝から雨ですが、この雨もぽつりぽつりとした雨で、風景ごと水滴に包まれそうな感じがします。

◆スポンサードリンク



仕事の合間にコンビニの駐車場に少しの時間、クルマを停めました。そうすると、急に風が吹いて、クルマが揺れて地震かと錯覚しました。

急なニュースがあると、パソコンでもスマホでも、なんでもすぐヤフーを見るくせがついています。「ヤフートップ」ということばは「新聞の1面」に取って代わりそうですね。地震のときも、他のニュースでも、何かあると、すぐにトップページに表示されますから。

私の場合、検索はもっぱらグーグルですけどね。もちろん、ヤフーも、ビングも使いますけども。

◆スポンサードリンク



世の中には、さまざまな出来事が起きています。政治の世界は、なかでも日本は特にヒドイように思いますが、人間ってこんなものかと思えば、どこもそうなのかもしれません。私には、国や権力や財力などの枠組みがもう長いこと、機能不全を起こしているように思えます。

人々の間で、必要な情報は、インターネットを通じてどんどん共有されていますし、言語の壁や、国境を超えて人々は簡単につながっていきます。もしかしたら、既存の枠組みそのものが既に意味をなさなくなっているのかもしれません。今、政治の世界に見られるような泥仕合のようなものは、その枠組みにしがみつこうとする、さまざまな動きなのかもしれません。

みんな春の雨に流されて、春の風に吹かれてしまえ。

春のたわごとで締めくくります。

【PR】【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

カテゴリー
essay music pc

鳥取発・新緑の季節

今日は2018年4月23日月曜日です。

先週末は、遠方に出かけたり、いろいろと動いていました。その疲れがどっと出たのか、昨日持病の腰痛が再発し、今朝月曜日の朝イチで医者に寄り、ひと仕事終えたところです。なんとか、2、3日で完全復帰できそうです。

見渡すと風景はすっかり新緑の季節。この時季の山の緑が美しい。

◆スポンサードリンク


ツツジも咲いているし、連休が来るなぁ。

しばらく、遠方にクルマで走るのは控えたいけどなぁ(笑)

腰痛が悪化しなかったのは、日頃のウォーキングの効果は出てるかな。ただ、その分どうしても体が固くなるので、今後はストレッチもじゅうぶんにやるようにしないとなーって思ってるところです。

腰痛の出ているうちに、いろいろこれをチャンスとして、自分を見つめ直したいと思う。これが連休の最中でなくて本当に良かった。ちょっとしばらくゆっくり、休めるなぁ。

そうしなさいというサインなんだろうなぁ。体が教えてくれる。

【PR】【じゃらん】愛犬と一緒に泊まれる宿(ネット予約OK!)特集

住んでいるから、逆によくわからないとこもあるんだけど、鳥取は、旅行で訪れるにはいいところです。砂丘以外は、どこもあまり観光地化されてなくて、地元の人が大丈夫か?って思うほど。連休にいらっしゃいませ。わたしゃ、ひと休み〜♪

カテゴリー
essay music pc

選ぶ、ということ

今日は、時間が空いたので、ふだん物置きになっている部屋の片付けを始めた。

【PR】【グーペ】デザインを4000パターン以上から選べるHP作成サービス

居間や仕事部屋は掃除をするくせに、いるんだか、いらないんだかよくわからないモノをとりあえず突っ込んで隠しておく、そんな場所が誰の家にもあるだろうか。

いわゆるモノオキ部屋だ。

いるんだか、いらないんだか、よくわからないモノって、その時の判断に過ぎなくて、今となってはほとんどいらないモノなんだろうと思う。

実際、片付けをしているというより、ゴミの分別をしているという状況に近い。

紙類は相変わらず多い。会議資料だとか、パンフレットだとか、そういうものは、今は割と読んだらすぐ捨てちゃうんだけど、以前の私は、すぐには捨てられなかった。

紙類は、意外とかさばるし、あとで分別しようとすると名簿のようなものも出てきて、仕分けなければならず、めんどくさい。

電化製品の付属品のようなものも出てくる。パッケージや説明書、アダプターなどだ。使わなくなった時点で処分すればいいんだけど、置いたまま忘れてしまってる。

◆スポンサードリンク


そんなことをやりながら、何をどう選ぶのか、ということが、これまでの自分を作ってきたんだという思いにつながった。

今ラジオ代わりに、Spotifyで音楽を流しているタブレットも自分で買ったものだ。タイピングをしているパソコンもそうだ。身の回りにあるモノ、ほとんどが自分で選んだものだ。

モノだけじゃない。何をどうするか、自分で選んできたと思う。そのときに、自分が見えていたんだろうか。周りが見えていたんだろうか。何が正しいとかじゃなくて、見ることが大切だったんだって、今はわかる気がする。

「あとで見る。」「とりあえず置いておく。」モノが、これだけ捨てられなかったんだもの。これまでも片付けはしてたはずなんだけど、ただ「移動」させてただけなんだね。で、それを集めたモノオキ部屋が誕生したんだ。

今はモノオキ部屋だけど、片付いたら、ここに録音機材を置こうと思う。今はクルマの中で録音してるから。モノオキ部屋、そのものがいらないと思うから。

さて、午後は新しい靴を買いに行こう。もうすぐ、靴がぱくぱくと口を開いてしゃべり始めそうだから。

【PR】ネットショップ開業は、30日間お試し無料の カラーミーショップ で!

パソコン教室のエフセブンはこちらです。

カテゴリー
essay music pc

デジタル脳、イメージ脳

◆スポンサードリンク


パソコンやオカリーナのレッスンを通して、最近とくに感じることがあります。

「こうしたら、こうする。」
「A=B」
「あれをして、これをして。」

こんな風に、論理的にひとつひとつ考える働きをするのは、脳の働きで言えば「左脳」だと思うのですが、こういう思考から外れない人が増えているように感じます。

【PR】ID・パスワード管理ならSKUID

よく「左脳派」か「右脳派」かみたいなことが書かれていることがありますが、圧倒的に「左脳派」の方のほうが多いように思います。

論理的思考というのは、ひとつひとつのことをその都度判断することが得意なので、左脳を「デジタル脳」と呼ぶことがあるようです。

日本じゅうの学校の学習では、どこでも論理的思考から答えを出すというようなことを繰り返しやるわけです。優秀なデジタル脳の人の方が学校の成績がいいわけです。

そして、そういう方は社会に出てからも、デジタル脳を働かせて、どんな仕事でもそつなくこなして、信頼されて多くの人から認められるんだろうと思います。

また、そのような人になりなさいと、親からも先生や先輩からも教えられて、成長していくのだと思います。

デジタル脳は論理的思考が優れているわけですから、人間らしいと言えるでしょう。これに記憶力が加われば「天才」「秀才」と言われ、実行力と運があれば、「実力者」として社会に貢献することもあるでしょう。

いっぽうの右脳の働きは、感覚的で、イメージをとらえる働きをします。もちろん、人はそんなふうに論理的思考、感覚的思考をスイッチのように切り替えて考えているのではなく、両方のバランスでものごとを見ているわけです。

ただ、優秀なデジタル脳を持っている人は、本来イメージ的に瞬間的にとらえられることでも、論理的思考で時間をかけて考える癖がついています。「イメージ脳」である右脳のはたらきを無意識に抑えているわけです。

パソコンでも音楽でも、同じようにデジタル脳で考えるわけです。ひとつひとつ、時間をかけて習得していきます。何冊もあるマニュアルや、分厚いテキストをものともしません。

白状すると、私もそういうことが得意でした。気がついたら、たくさんの本を処分したにもかかわらず、書棚が3つも4つも本で埋まっています。

私にも、最近になってようやく、デジタル脳にも欠点があることがわかってきました。

論理的思考というのは、ひとつのことに集中して、答えを出す思考です。いろんなことを同時にやっているように見える場合でも、一時的にいくつかを記憶にとどめておいて、他のことをやっているに過ぎません。

「記憶」というのは、変わりやすいものです。勘違いや思い込みもします。記憶が起こす間違いを防ぐはたらきをするのがストックされた「知識」です。

デジタル脳は、さまざまな場面で、豊富な知識で乗り切ろうとします。知識が足りないと思えば、学ぼうとします。その結果「何か違う」という右脳が伝えるサインを受け取れなくなります。デジタル脳はそっくりに作られたニセモノを見抜くことができません。

デジタル脳は知識がなければ、細かなディテールを見ることができません。未知のものは無意識に見ないふりができます。ディテールを作るのは、あくまで本質ではなく、知識だからです。

本来イメージ脳が同じように働けば、本質を見抜き、細かなディテールを見て、核心をついた判断ができるはずです。

今日はここまでにしておきます。ここに書いたことは、私にとっての備忘録のようなものです。これがまた新しいひらめきにつながったときに、続きを書きます。

◆スポンサードリンク


カテゴリー
essay pc

わたしバージョン2018

パソコンには、更新があります。

なんでそんなに頻繁に更新して、バージョンアップするんだろうと思います。機械だからでしょうか。インターネットにつなぐからでしょうか。バグ(小さなミス)があるからでしょうか。

パソコンには「バックグラウンドプロセス」といって、何もしていなくても電源が入っていれば、バックグラウンドで動いているプロセス(プログラムの動作)があります。

ニンゲンの体が新陳代謝を繰り返しているように、目に見える更新だけではなくて、目に見えない更新をしているのです。

ニンゲンも更新をして、常にバージョンアップしているわけです。そして、パソコンもニンゲンも、実はバックグラウンドプロセス(新陳代謝)の方がとても大切だったりします。

ただ電源を入れておけばいいんです。

パソコンは使わないときでも、時々電源を入れると調子いいのはそういうことなんです。

◆スポンサードリンク



ニンゲンには電源はありませんね。心も新陳代謝しています。無理やり詰め込む必要はないのです。バランスが大切です。ニンゲンは年齢とともにただ衰えると考えがちですが、それぞれの年齢のバランスで生きているのです。

バランスを整えて、生きるのです。

なんとなく、4月1日なので、新しいバージョンのわたしです。

オホーツクの海の幸を全国の食卓へ