カテゴリー
リンク

雨が降らなかった、嬉しい一日

梅雨の時期の雨は、貴重だ。

田植えが終わった後の稲の生育にも影響する。

新しい感性、たとえば若い人には、この季節の雰囲気を感じる新しい指標になる。

それは、1年のうちの、わずかなこの時期にしかないものだ。

都会で生まれ育つと、この季節感が皆目わからないということが、田舎にいると、わからない。

ぼくが子どものころ、雨が降ると、まっすぐ垂直に空を見上げた。同心円状に雨のしずくの軌跡が見えるのを、口を開けて眺めていた。

同心円状に降る雨には、強弱がある。リズムがある。YouTubeもiTunesも、Spotifyも何もいらない。音楽は常に体の中にあった。

今日は眠いので寝る。また続きは書こう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA