ムダな努力は報われない

ぼくは、ものごころついた頃から、「できる」「できない」の価値判断で生きてきたように思います。

「できる」ほうが「優れている」。

だから、人より、もっと、いろんなことを、高度に「できる」ことを目指していたわけです。

それが、当たり前だと思っていました。

もっと、できるようになりたい。優れていると、人に認められたい、評価されたいという「認められたい病」だったわけです。

◆スポンサードリンク


この考え方には、はっきりした落とし穴があります。

「できない」ほうが「劣っている」という思考が同時にあるわけです。その思考が自分の中にあるとは思っていません。無意識が、その思考を隠しています。

ものごとにはすべて裏表があるわけですから、隠しているつもりでも、人には見えています。

そういう意味では、ぼくは、サイッテーなやつでした。今は、それが、わかります。

自分自身、できないことがあると、自分を恥ずかしく思っていたし、そう思われたくない不安をずっと抱えていました。

当たり前のことですが、できる、できないというのは、「状態」に過ぎません。ニンゲンは空を飛べません。劣っているわけではなく、ただ飛べないという状態があるだけです。

「努力はいつか必ず報われる」と信じている人もいると思いますが、そんなことはないと思います。どんなに努力してもニンゲンは空を飛べません。ぼくはぼくである限り、ぼく以外の人になることはできませんでした。

いやいや頑張ること。
妄信的に行うこと。
人のためだけにやること。
流れにさからうこと。

これは、ぜんぶ、ムダな努力です。これに「あなたのために」というアピールが加わると、偽善です。もっと言えば、それはストーカー的な犯罪であり、暴力です。

それでも、こんなに頑張ってるのに、努力してるのにって思っていたわけです。何を見ていたんだろうか。

いやいや頑張ろうとしない。
盲信しない。
自分をまず見ること。
人と、流れを見ること。

できる、できないではなくて、何を感じるか。楽しいか、つまんないか。それをまず自分自身で感じられるか、人に伝えられるか、人がどう感じているかに意識を向けられるか。その上で、人にどう伝えるか。

言葉にすれば、なんだか、アタリマエのこと。

看護師、准看護師、保健師、助産師の求人・転職は【看護のお仕事】

「ムダな努力は報われない」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。
    最近、内面や心に関する記事が続いてますね。
    元気ですか?
    私は、ばっちり表裏あるし(自覚してます)、人に
    合わせたり見栄を張ったり、猫をかぶったりと忙しい人生です。自分の心に素直になんて無理かなぁと思います。今まで色々な事を選んできたと思うけど、でも流されてきたような気もします。
    自分の心ってどこにあるのでしょうね?

    1. 李さん、お久しぶりです。
      読んでいただいているんですね。
      嬉しいです。
      表裏があるというのは、自分自身以外に人に合わせた虚像があるということですね。
      そんな難しい言い方をしなくてもいいですね(笑)
      ぼく自身がそうでした。そして、ぼくと同じような、他の人のそういう姿にも敏感でした。
      ぼくの場合は、そうやって虚像を見せると、「ほれ。これがあなたの本当の姿だ。」と教えてくれる大切な友人がいます。
      以前は、いちいちそのことに反発して、言い訳をしていたのですが、
      ようやく、自分自身のダメダメなところに、ああ、そうだったんだと気づき始めたところです。
      だから、そういう自分を隠していた頃より、前よりもっと元気なんです。とても充実しています。
      きっと、ぼくの文章を読んで、ぼくが思い悩んで、沈み込んでいるように感じられたんでしょうね。
      自分の心は、人に合わせなければ、見えます。いいとか、悪いとかって判断も必要ありません。
      ぼくの文章は、ぼく自身のアウトプットのために書いています。
      誰かにメッセージが届くようにと思って書いてはいません。
      それでも、こうしてコメントをいただけると、本当に嬉しいです。
      また、気が向いたら、なんでもコメントしていただけるとありがたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA