カテゴリー
essay

AIOSEO

いきなりWordPressの投稿画面が変わっていたので、ちょっとびっくりしました。これは「All In One SEO」プラグインのシワザだったわけっすね。設定画面にしたがって入力を進めれば、自然にSEOに対応した投稿ができるということかー。なるほど。なんでも、体験してみるべっちゅうことで、何を書こうとしたのか、若干忘れつつある中で、書いてみようと思います。

年末ですね

まず、ひとつは、年末ですね。いろいろと、区切りの年だったんじゃないかなって思います。コロナ、コロナで騒いだ感じだったけど、インフルエンザが激減したってのが一番のビッグニュースなんじゃないかな。どこも取り上げないけど。

毎年、ワクチンだの、AだのBだの、香港だのなんだのって、大騒ぎして、重症者、死者もたくさん出ていたわけですよ。

これを無視して、コロナで大騒ぎしているってなんだろうって思うんだけど、もうちょっとマトモな分析をしてくれる人出てこないかな。マスコミや政治家はちょっと無理っぽいですね。

こういうことは、きっと、後年、事態が収まってから、はっきりするんでしょうね。そうか、そんなことかと思いながら、忘れ去られていくわけね。

鬼滅の刃ブーム

コミック全巻読んだし、テレビも録画して見たし、映画「無限列車編」見ましたよ。

それは、単純に面白かったから。鬼やそれに似た存在は人の意識の中に現実にあると思うから、そうだよねーって思いながら、読んでいた。

細かいキャラクタ設定とか、アイテム、ストーリーにはむしろ興味がなくて、映画を見終わったあと「ラストで猗窩座が出てきたのには笑った。」って息子に言ったら「コミックでもそうだし。」と言われて、そういうディテールを自分の意識の中で飛ばしていたことに気づいて、愕然とした。

だいたいあの映画を見て、ほとんどの人が「泣いた。」って言っているのをあとで知って「ホント??」って思ってる。

泣くようなシーンはなかったし、隣の5歳くらいのよそんちの子どもは後半寝てました。

半分くらいは、マスコミのブーム戦略に流されているのかなって思うと、鬼以上にちょっと怖いっていうか、それが「鬼」って思う。

腰痛になりました

20代のときから、年に数回、やられます。初めてのときは、どうしていいかわからなくて、のたうちまわりました。

人生で初めての座薬も、この腰痛で経験しました。

若い女性の看護師さんに、いきなりぺろんと尻をめくられて、「力を抜いてくださぁい。」って言われた瞬間に、するっと、ナニモノかが肛門から侵入したあと、「力を抜いてぇ、おくすりが出ちゃいますから。」って言われて、赤面した記憶があります。フツーに笑顔も声も素敵な美人さんでした。

今は慣れているからっていうのもあるんでしょうけど、ただただ「しんどい」ですね。痛みは最小限に抑えるコツはわかるんですね。とにかく、急な動きをしない、バランスを保つことなんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA