カテゴリー
essay

次のアクションまでの時間

次の「アクション」が「死」でなければ、それまでの時間、いろんなことができる。それこそが「可能性」だ。「死」以外の出来事が「可能性」のすべてだ。

お金があるとか、ないとか。あれができて、これができていないだとか。現象にとらわれて、それを理由に「可能性」から、逃げていないだろうか。

死んでいなければ、生きている。それだけ。

あと数時間で死ぬとわかっていたら、ぼくは何をするのだろう。

まず、優先順位を必死で考えるだろう。

優先順位も何もなければ、俯瞰するしかないだろうし。そういう状態でいるかどうか。

ただ見て、感じる。そうやって、生きている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA