カテゴリー
essay music ピアノ

今ここにあるすべて

今、ここに、自分自身を含む宇宙のすべてがあって、現在も過去も未来も存在しない。最近、そんな風に考える、というか、感じられる瞬間を味わうことがあります。

幼い頃、たびたび不思議な感覚に襲われることがありました。目を閉じると、そこは宇宙空間で、目に見えないほど小さいと視覚的に感じていたものが、同時にとてつもなく巨大に重く感じられる、空間に上も下もなく、落ちていくと同時に広がっていく。やがて自分自身が宇宙そのものになりそうな感覚に襲われて、そのまま目を閉じていられなくなるのです。

目を開けた瞬間、現実が現れます。

現在59歳ですが、それは、4歳から10歳くらいまでの記憶です。ずっとこの歳になるまでその感覚は忘れていたというか、考えずに過ごしてきました。人に言うと「幻想、空想、妄想」と言われるだろうし、自分でも、確信が持てませんでした。

最近、今、ここにすべてがあるということが感覚的に理解できるようになりました。あくまで感覚的です。現実として見ているものが、むしろ幻想です。

だいじょうぶか、おまえ。って言われそうですよね。

現実は現実として捉えていますので、だいじょうぶのはずです。

向上心を持つこと。目標を持って、計画をして、ステップアップすること。そう考えて生きてきました。それが人間らしい生き方だと考えていたからです。

でも、それは単に結果に過ぎないことに気が付きました。

つまり、今ここに、自分自身が感じているものが存在して、その感覚に沿って行動するからこそ、結果的に、人から見たら、ステップアップしているように見えるのです。わざわざそう見えるように行動する必要はありませんでした。

たとえば、ぼくは、最近毎日ピアノを弾いています。

向上心があります。

人前でピアノを弾けるようになりたいという目標があります。

それは、それ。なんですね。

電子ピアノを買ったんです。きっかけは、そこからでした。

弾いてみました。

全然焦っていないんですね。今、コンサートで弾くわけじゃないし、誰かの伴奏をするわけでもない。音大にもピアノ教室にも通っていません。先生にも習ってもいません。

楽しいんです。ぼくは、もともとギターよりピアノが弾きたかった。ギターはある程度弾けます。教えたりもしています。

ピアノを弾きたい、は自然なことなんですね。

結婚するときに妻が持ってきたグランドピアノがあります。去年の春までは、娘が弾いていました。娘が県外の大学に進学したため、今は、ピアノを弾くのは、ぼくだけなんですね。

思い起こせば、ギターを弾き始めたときも、同じような感じでした。

ぼくが中学一年のときに、姉と兄とぼくの三人で出し合って、ギターを買いました。ずっと、ギターに触っていたのは、ぼくだけだったですね。楽しかったから。ギターに関する奪い合いのケンカは一度もありませんでした。

感覚に沿って行動していたら、できていた。そういうことが多かったことに今更ながら気が付いたわけです。

思い出せば、何事もまったく計画的ではありませんでした。

計画することがダメっていうことではなくてね。ぼくにも計画はあるわけです。200歳まで生きようということも計画のひとつですし。別に明日死んでもいいわけですけど。

楽しいを基準に今あるすべてを感じることですよね。

それがいいな。

今回のは、ちょっと支離滅裂な文章だったかな。そういう脳みそなんで、それはそれで、ちょうどいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA