カテゴリー
essay

ぞろ目の日

今日は令和2年2月22日ですね。もともと2020年ですし。

午前2時22分は寝てました。午後2時22分はオカリーナのレッスンをしていました。22時22分はお風呂に入っていたようですね。

クルマのナンバーで言えば、今日は9と6、あと2もだったかな。3桁、4桁のぞろ目のナンバーをよく見かけました。

これは、何かしら「変化」「始まり」を暗示しているらしいです。

ぼくはね。その意味はあるだろうなと、信じています。

なぜなら、数字そのものも周波数だからです。言葉もそうです。波動を持っています。単にその数字と出会っただけでなく、ぼく自身の波動と合ったから、印象に残る形で見ることになったのです。波動が合わなければ、ただ通り過ぎて、見ることはなかったわけです。

すべての人々に神のご加護があることを祈ります。

ふと、目の前に古ぼけた御守りがあって、總本山信貴山(しぎさん)朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)ってある。

奈良のお寺らしい。行ってみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA