カテゴリー
essay

温暖化なのか、何か別の変化なのか。

ふとぼくは、雪の多かった過去の山陰の冬の情景を思い出していた。

思い出すまでもなく、まったく雪のない冬はなかったと思う。

「かまくら」ができるほど、というのもまた珍しかったが、こどもが雪だるまを作ったり、雪合戦ができるくらいには、いつも雪が降っていた。

既に節分を迎えるようになって、短いつららや、水たまりに氷が張るのも見ていない。

日常の景色を見ていると、夏はとても暑いし、地球温暖化というのは、否めない事実だと思うのだが、むしろ地球は氷河期に向かっているという学者、識者もいる。

正直なところ、何が真実か、わからない。

ぼくも環境問題には興味があるが、社会全体を見ると、視点や思想の振れ幅が大きいことに違和感を感じる。

グレタさんが何か言うと、わーっと流れ、トランプさんが何か言うと、また流れる。

日本の政治情勢や、最近の新型コロナウイルス報道を見ても、反応は浅く、極端に振れる。

風邪やインフルエンザでも死亡するケースはある。

WHOは「中国はよくやっている。必要以上に騒がないでくれ。それよりも一致団結して対処しよう。」と言った。

WHOが望む方向に向かっていることを願いたい。

それよりも、これを機会に、国の枠組みそのものが変わりつつあるような気がする。はっきりとそれが何かはわからないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA