カテゴリー
essay

数字で表されるもの

大きなニュースが飛び込んできました。東証がストップしているらしいです。日本取引所グループのお知らせ(第4報)によれば、本日終日売買停止になるようです。

東証が止まれば、連動して止まる取引所のあるわけで、それが1日止まるってだいじょうぶかなぁ。経済的な影響はないのかなぁって素人目には思うんだけど、芸能人の事件に比べると、ニュースの扱いが軽いように思う。

まぁ、テレビって、一般大衆の関心のあることには敏感だったりするんだけど、政治的なこと、経済的なことは割と二の次だったりします。

数字って、頭の中で、概念として組み立てないと、理解できないもので、お金のこともそう、時間や様々なデータにしてもそう。実感はないんだよね。もともと、お金にしても、時間にしても。数字になって、初めて、あれ?少ないのかな?とか考えて、理解したつもりになる。

表にしたり、グラフにしたり、時計のようなもので表してみたりして、頭の中で理解しようとする。

なんだろうなって思う。

常にお金がないって思っている人は、少ない数字を気にするよね。お金は、いくらだろうが、そこにあるんだけどね。ぼくもそうでした。常に気にしてた。財布をあけてのぞいたり、ポケットをごそごそしたり、してたな。

常に忙しいって思っている人は、常にあと何分とか、あれをして、これをして、とか、段取りとか、完璧にしようとするよね。で、できていることに満足して、他のことを考えないんだわ。ぼくもそうでした。時間は、あるんだよ。いつも、どこにでも。そういうことを気にする必要はもう、ないね。

さて、次の仕事に行きますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA