「日本酒」タグアーカイブ

箱に入っていた姫

 お米のお酒、日本酒はおいしいと思います。人によっては、体質でいろいろあるようなので、ぼくは日本酒が飲めて幸せです。その代わり、ぼくには肉の脂身が合いません。たまにおいしくいただくことはあるんですが、かなりの確率でお腹を壊します。肉は好きなんだけど、残念な経験が記憶にあります。どうもそういう体質のようです。

◆スポンサードリンク


 ここのところ、6月に入ったというのに、朝晩が肌寒く感じられます。今日は燗にできる酒を買って帰ろうと、鳥取市のバッカス宮長店という酒屋に寄ってみました。それで、「鳥姫」というネーミングに惹かれて、この酒を買ってきました。口当たりがソフトなお酒です。燗にしてみたけど、これならオン・ザ・ロックの方がいけそうな気がします。少し鼻に抜ける清涼感というか、ちょっとした酸味のようなものがあります。後味が爽快です。

 まったく、思いつきでそう思うんですが、真っ白なバニラアイスにそのままかけてもおいしいかもしれない。さあーっとかき氷にシロップをかけるように、バニラアイスにこの日本酒をかけるんです。明日、ぜひやってみようと思います。あ。もちろん、少量でもその後は運転はしません。

 おいしい日本酒は、料理の隠し味にも使われます。このすっきりした後味、かすかな酸味のこのお酒は、カクテルベースとしてもいいかも知れない。

鳥取の東照宮、通称樗谿(おうちだに)神社です。葵の紋がここにもあります。
 「鳥姫」というのは、お米の品種の名前のようです。鳥取にはおいしいものがたくさんあります。どこでもそういう言い方をするかも知れませんが「じげのもん」です。じげのもん(食材、料理)が、なんでも普通においしいのが鳥取です。またひとつ見つけました。とここまで書きながら、酔っ払ったので、寝ます!!

 冒頭の画像は、路傍に咲くタチアオイの花。葉っぱはいわゆる「葵の御紋」徳川家の三つ葉葵そのままです。色はいろいろですが、いっぱい蕾をつけていて、下から咲いていくのが独特のスタイルになっています。

◆スポンサードリンク