「岩美」タグアーカイブ

sirawara.com《しらわら・ドットコム》発信

 ここ田後にある城原海岸は、世界ジオパークネットワークに加盟している山陰海岸の中でも、美しい海岸です。この城原海岸は、春に菜の花が咲く菜種島、幽玄な趣のある鴨ヶ磯、遊覧船など、船から眺める絶景である千貫松島など、象徴的な風景がたくさん見られます。季節ごとに表情を変え、毎日見ていても飽きることがありません。

 さまざまな記事の中にこの景色を埋もれさせてはもったいないと思い、城原海岸だけをテーマにサイトを作りました。その名もしらわら・ドットコムです。皆さん、見てください。「城原」の読みは「しろわら」「しろはら」とも言いますが、地元では「しらわら」と呼ばれています。

[スポンサーリンク]


歩きだす名前

 人は、生まれてすぐに最初の名前がつく。そして、死ぬまでにいくつもの名前を身につけていく。男、女、誰かの子、兄弟、生誕地、学校、あだ名、会社、役職、資格、団体、勲章、戒名・・・。

 岩美の人は、見知らぬ人を見かけると「どっから来なっただ。」「あんねのもんか。」と聞く。お礼を言うときも「どこの誰かは知りませんが、親切にしてくれてありがとう。」とは言わない。まず、どこの人か。知っている人の身内かどうか。それが気になる。本当に気になるから聞くだけで、まったく悪気はない。

 三十歳頃に東京から練馬ナンバーの軽自動車で帰ってきた。近所の小学生に「おっちゃん、また来ただか。」と毎日言われた(笑)。何ヶ月後かには「おっちゃん、いつ去(い)ぬるだ。」と言われた(泣笑)。自宅で仕事を始めてもう18年目になるが、未だ親戚や近所の人には「今日は休みか。」と言われる(脱力)。出張専門にやっているため、看板を出していない。だから、本当にそう思うから言うだけで、まったく悪気はない。

 人は、どうして名前を欲しがるのか。どうして名前ではなく、そのままの人の心を見ようとしないのだろう。歩きだす名前に自分を預けたくはないと思う。

ズワイガニ漁が解禁です

 富山県から島根県の日本海で、2016.11.6、ズワイガニ漁が解禁になりました。ズワイガニの雄を山陰では「松葉ガニ」と呼んでいます。その中でも(1)甲羅の大きさが13.5センチ以上、(2)重さが1.2キロ以上、(3)脚が全部そろっていること、(4)色が鮮やかなこと、(5)身が詰まっていることの5つの基準に当てはまるカニを10人の目利き人がトップブランド「五輝星(いつきぼし)」として認定しています。

 昨年も最高値を付けた鳥取市賀露の中村商店が今年は130万円の高値を付けたらしい。初セリで高値をつけるというのは、ご祝儀的な意味もあるが、今年はそれに加えて鳥取県中部地震の復興を祈ってという意味もあるそうだ。それにしても高い!

【予約販売】松葉がに[生][訳あり][足折れ混じり]超特大 1枚(1kg前後)【送料無料】蟹の本場!鳥取県岩美町 松葉ガニ まつば 蟹 カニ かに 松葉 ガニ

価格:7,980円
(2016/11/8 08:22時点)
感想(46件)