「essay」カテゴリーアーカイブ

きのう使ったハンカチ

暖かな冬だけど、インフルエンザが流行っているらしい。朝晩の洗顔とお昼の歯磨き、うがいは当然だが、それ以外にも手洗いうがいは必要だ。

公共のトイレで、適当に指先を濡らしてパッパッとして、パタパタとハンカチで拭くなんてことではダメだ。

鏡の前でまず自分の姿と向き合う。それから袖を捲り上げてブレスレットと時計をはずす。排水栓を閉め、少量の水を貯める。手のひらで水をすくい、洗面台と蛇口を水で洗う。それから石鹸で丹念に両手を洗う。流水で石鹸を洗い流し、蛇口を閉め、排水栓を開ける。ハンカチで、手をていねいに拭く。

その後のぼくのやることは、もしそばに誰かいれば、ちょっと驚くことかも知れない。

今日のハンカチの他に、きのう使ったハンカチをどこかのポケットに入れている。

そのハンカチで、洗面台のまわりの水しぶきなどを拭き取る。汚くないのか? いいえ。そのために、最初に貯めた水で、洗面台の周りを洗ってる。ハンカチは、あとでクルマのダッシュボードに広げておけば、走っている間に乾く。

◆スポンサードリンク

地獄の釜1月16日

我が家には「地獄の釜」という風習がある。この日は風呂の火を焚くことができない。風呂も今どき薪で焚く家はほとんどないだろう。うちも以前はかまどがあったが、今は石油ボイラーだ。それでも、昭和一桁の母が嫌がるので、毎日でも風呂に入りたい方だが、この日は、シャワーも我慢する。

代々伝わっている風習だと母は言っているが、本当だろうか。地獄の釜というのは、地獄で罪人を釜茹での刑にした釜というイメージがあって、その釜が開く日なんだそうだ。

地獄の釜に風呂。何となく気味悪がって、先祖か親戚の誰かが言いだしたんだろう。他の誰に聞いても、こういう風習があるというのは、知らないという。

まあ、年に1日そういう日があってもいいか。毎年、母に言われるまで忘れてるんだけど、こうやって、ブログに書いたら、当分は忘れないかも知れない。

かまどの写真はWikipediaから拝借しました。

釜 – Wikipedia

◆スポンサードリンク

SABAKU

もし、辺り一面に砂漠しかないとしたら、目的地を目指して歩くしかない。

「どうしようか。」と迷う余地はない。じっとしていれば、確実に死ぬ。

「迷う」というのは、死ぬ以外の選択肢が多いということだ。

迷わないためには、こうすると「決める」以外にない。

流されるばかりだと、いつまでも決められない。

ものごとには、ひとつひとつ「意味」がある。

「意味」を見逃さないこと、つかむことが重要だ。そこには、過去も現在も社会も地位もない。

自分にとっての「意味」はなにか。そして、「決める」。それに尽きる。

◆スポンサードリンク

還暦の集いやら、同窓会やら

レッスンに来られる生徒さんの話で、細かいことは言えませんが、その方、今年還暦だそうで、遠い故郷での還暦の集いに出るのが楽しみだそうだ。

あとで、同級生にいろいろ言われるのだが、ぼくはそういった同窓会のようなものが苦手なので、これまでほとんど出席したことがない。

昔の話とか、誰それがくっついたとか、病気の話、孫の話、で、話の花が咲くんだそうだ。久しぶりに会った同級生が変わりすぎていて、誰が誰かわからないとか。

まあ、還暦というのもそれまで生きていれば一生に一度のことなので、多分あと2年あるが、行ってもいいのかなとは思う。新しい出会いだと思えば、それはそれでいいのかも知れない。

◆スポンサードリンク

まだ1月のサクラの木の下

午前中は富桑地区公民館でのオカリーナ教室です。少し早い時間に到着したので、入り口から少し離れた桜の木の下に車を停めました。

もう、芽は出ています。サクラの花が咲く時期まで、あと 2ヶ月ぐらいはあると思うんですけど、こうして少しずつ芽を膨らませていくんだなぁと思います。

外の気温は3度くらいです。まだまだ寒いし、これから雪が降ることもあるだろうな。

さて、時間です。行きますか。

◆スポンサードリンク

レモンを取り出しました。

何ヶ月か前にキゥイ酒を作って、そろそろ時期が来たので、ぶつ切りにして入れていたレモンを取り出した。あと1ヶ月くらいで出来上がりの予定だ。キゥイ酒を作るのは2回目だが、今回も、うまいぞ、きっと。

その時の写真を撮って見ると、お皿の上にのってるのは、レモンじゃなくて、バナナを切ったのみたいに見える。取り出したレモンは、絞って、グラスに入れた。そして、お酒を注いで飲み干した。たった一杯のレモン酒。これも、うまい。

そういいつつも、昨年2018年の暮れから、家ではあまりお酒を飲んでいない。いや、まったく飲んでないことはない。時期的に暮れ正月だし、忘年会とかもあったし。でも、これまでが飲みすぎて、飲んだくれていたとすれば、微々たるもんだった。

まあ、酒を飲むんなら、家だろうが、外だろうが、うまい酒を飲みたい。うまけりゃ家でも飲みたいときに味わって飲む。習慣で、なんとなく飲むというのは、ちがうかな、と思ったから、飲んでいないだけ。

2019年は、何を感じるのか、を大事にしたい。いい年にしたい。

◆スポンサードリンク


思い立ったが吉日

おもいたったがきちじつ。

やろうと思ったときが、グッドタイミング、チャンスだよってことですね。

ひょっとしたら、そのチャンス、もう来ないかも知れない。

そうしたいと思わないかも知れないし、思うことも変わるでしょう。

今、感じていることを、サッと、アウトプットしてくことが、大事かなと思います。

自分にとってですね。

そうしたいと思います。

やります。思い立ったが吉日宣言です。

◆スポンサードリンク



随所に主となる

誰でもあると思うが、何かに集中しているときや、無心でいるとき、ふっとイメージが浮かぶことがある。

頭の中に活字が浮かぶこともあれば、誰かの声だったり、抽象的な概念だったりする。

今日は、就寝前に一人で湯船につかっていたときに、ふと「主(ぬし)」という言葉と同時に「すべき」とか「すべし」というような響きが頭の中に浮かんだ。

文字をつなげると「ぬすべし」となって、なんとなく「ぬすむ」にも聞こえて語呂が悪い。

風呂から上がって、インターネットを検索して、イメージに合う言葉を探してみた。

臨済宗の開祖である臨済義玄禅師の言葉で「随処作主 立処皆真」(ずいしょにしゅとなれば、りっしょみなしんなり)というのが、イメージに近いようだ。

心配事がスッと消える禅の習慣

新品価格
¥1,188から
(2018/12/14 01:02時点)


「常に主体性を持てば、間違いのない行動ができる。」

この言葉を読んで、はっとした。

今、ぼくは、自分を見ようとしていて、内向きに思考をしようとしていたらしい。

自分を見るというのは、今見えるもの、感じるものを自分のものとして見て、感じるということなんだということに気付かされた。

「まず、波動がある。」

そう言った友人がいる。すべてのものをまず自分のこととして捉えること。

自分を見て、感じることができれば、思考するのではなく、思考が生まれる。

今、まさに、ぼんやりとしていたイメージが思考として生まれたようだ。

◆スポンサードリンク


目薬を味わう、しあわせ。

目が健康な人が「目薬を味わう。」なんてことは、ないわけですよ。

味わう。目薬をさすと、本当に目が「うまい!」って言っているように感じるくらい気持ちいいわけです。

これは、しあわせだと思うんです。

ふだんは、コンタクトレンズを目にはめているんですが、裸眼だったり、メガネをかけているときには感じないクリアな視界がどーっんと、広がるわけです。

これも、感じなければそれまでなんですが、しあわせなんです。

【第2類医薬品】Vロートプレミアム 15mL

新品価格
¥1,042から
(2018/12/6 22:28時点)

どっかのコーヒーのコマーシャル(ダバダー♪)じゃないけど、「違いがわかる。」ってことがしあわせなんだと思うんですね。

じゃあ、その「違い」ってなんだってことですよね。

ぼくは、違いがあるって、なんだか特別なことのように思っていたわけなんですけど、それは幻想だったですね。

違いは、いつも、どこにでも、当たり前にあるわけです。

あったりまぅえ〜に、あるわけどぅえ〜っす!!

・・・はい。ふつうに言いますね。

違いはあります。

むしろ、「同じ」と思っていることが錯覚だったのです。

ふかーい話に突入しそうなんで、ふかーい話はそれが得意な人に任せるとして、違いが感じられるというのは、割と自分で「足りない」とか、「できない」「劣っている」とか思っているところに意味があったような気がします。

社会が決めている基準って、単にひとつのものさしでしかなくて、そのものさしだけで物事を見ると「しあわせ」そのものを見逃すことがあるかも!ってことです。

目薬はおいしい、そういう話でした!

◆スポンサードリンク


ただそのままを活かして、生きること

幽霊とか、オバケとか。

ぼく、割と、見えます。

自分では、意味はわかりません。

どうってことはないんです。

小さい頃から見慣れているので。

でも、それを言うと、怖がりますね。

とくに子どもは。

なので、なるべく黙っています。

要は、波動なんだと思います。

波動、波長があったときに、見える。

人は、ふっと寒くなったり、急にどーんと気分が落ち込んだりするときってあると思います。

幽霊やオバケは普通にいます。

みんな波動を残して死ぬんですから。

いるのが、当たり前です。

あとは、自分自身なんです。

そこに合う波動、波長があるっていうのは、実はあんまり良くない。

でもたまたま敏感な人が、幽霊やオバケを実際に見てしまう。

幽霊やオバケが見えるっていうのは、自分自身の波動の状態が見えるということ。

なんだかんだいって、怖いのは、生きてる人間なんで、自分自身の波動を見せてくれる存在には、ぼくは感謝しかありません。

◆スポンサードリンク