空想の散歩。ちょっと空っぽになってみる

 何も考えない。何も知らない。ただ感じるだけの存在としての、自分を想像してみる。生まれたばかりの赤子のように。光を感じ、ぬくもりや冷たさを感じる。風景はただ見えるだけで、意味を持たない。

 そうやって想像していくうちに、ふだんの自分が感じたままを感じているのではなく、経験や知識と思考を通して風景を見ていることに気がついた。頭の中にその経験や知識の付箋で書かれたメモのようなものがあって、即座に反応する。危ないと感じ、それを避ける。この付箋の一つ一つが元になって、どんなふうに行動するのかを決めている。そこに、確かな意識はあまりない。そして、その中で形作られる付箋のカタマリでしかない人間像を自分自身だと思っていた。

 好きだとか、いやだとか、ほっとするとか、こわいとか。自分の感情だと思っていることがらの多くは、実はこの付箋のメモのひとつの項目に過ぎない。

 びっしりと貼り付けられた付箋のメモを一度に剥がすのは無理だが、ときどき一枚一枚めくってみることは必要なのだろうと思う。

 空想することはいつでもできる。一度にぜんぶを空っぽにすることはかなわないことだが、何も考えない。何も知らない。ただ感じるだけの存在としての自分を想像することで、やっと本当の自分自身を知ることが出来るのかもしれない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA