人生はグラフでは表せない

 人々は人生をグラフにたとえることがある。成長してゆく、衰えてゆく。成功する、失敗する。そのたびにグラフが上がったり下がったりする。人生は、山あり谷ありで、生まれてすぐに上りはじめ、老いとともにだんだんと下り坂になる。多くの人々がそんなイメージを抱いているようだ。

 それなら、小さな子どもが、よく泣き、よく笑うのはなぜだろう。一方で成功者の心が必ずしも晴れているように見えないのはなぜだろう。実は、その上がり下がりを感じているのは、人の思考であり、心なのではないのか。

 心は人とともにあって、たがいに見つめるだけで自然に成長するのだろう。私の場合は、無理に育てようとして、育っていなかったような気がする。

 最近、私の中にも「黒い心」が存在することを知った。「心の傷」と言い換えてもいいだろう。「傷」だとすれば、とっくに「癒えている」ものだと思っていたし、その「黒い心」は自分にとっては、「論理的で正しい心」のようにも見えていた。それは、ふだんの私を知っている人が見たら、まったく別の人格に見えるほどなのだが、私の中では切り離すことのできない私の心の一部だった。他の誰かに私の「黒い心」を指摘されることを避けてきて、ときには攻撃的になった。でも、それが自分では見えていなかったのだ。

 今でも、その「黒い心」は存在する。今までと違うのは、そこから目をそらしたり、守ったりしようとしないで、ただ見つめようとしていることだ。それがこれからの自分を変えることになると思っている。

 人生をグラフにたとえなくていいと思う。人は誰でもいつでも、そうしようと思えば、豊かな心を持つことができるのだと思う。

パソコンって必要なのかな

 ぼくはパソコンを必需品だと思っている。仕事でWindowsを使う、マックも使う。パソコンがなければ暮らせないだろう。

 しかし、ほんの30数年前には、携帯電話も持っていなかった。新聞の折り込み広告の中で裏面に印刷されていない紙を探して、折りたたんで、また適当な大きさに切ったりして、メモ代わりに使っていた。今でもそれで事足りる暮らしをすることは可能だ。パソコンがなければ暮らせないというのは、単なる思い込みだし、本当は幻想だ。

 こうやってホームページに文章を記しているとき、本当は原稿用紙でもなんでも構わないのだ。人に伝えることが目的ではない。誰かに読まれる確証はまったくない。もともと自分の考えを整理することが目的だから、読まれなくてもいいし、メモに走り書きをしたってかまわないのだ。ある日突然消えてしまってもうろたえない自信はある。

 生活に必要なものは、個人商店があまり流行らなくなったこの時代でも、ごく身近に手に入れられる。コンビニだって本当は行かなくてもいい。このコンビニにも行かなくてもいいという考えをもっと広げると、この世の中で「便利なモノ」として挙げられるモノのほとんどが実は必要のないモノばかりなのに気付く。その「便利だけど必要のないモノ」の代表がぼくにとってのパソコンなのだ。出来るなら家だって、クルマだって手放したい。あまりこういうことを考える人はいないかも知れないが、ぼくは20代の頃は浮浪者になりたかった。彼らのほとんどは、浮浪者になりたくてなっているわけではないし、なろうとしてなるものでもない。だが、それくらいモノを持たない生活に憧れていたのだ。

 50代半ばを過ぎて、またふつふつとモノを持たないことへの憧れが浮かんでくる。それはある意味死への憧れなのかもしれない。墓や位牌も持たず、存在が消えるような死に方がいい。だいたい死人にモノを持たせようというのは人間はどこまで傲慢なのか。少しずつ、そのような瞬間に近づけたらいいなと思っている。

上質な心を持つことの意味

 誰もが、木綿のシャツよりもシルクのシャツの方が上質だと思うだろう。軽自動車よりもベンツの方が上質だと思うだろう。田舎のアパートの一室よりも都会のマンションの方が上質だと思うだろう。中卒より東大卒の方が上質だと思うだろう。

 人々の思考の中には、優劣をつけて考える思考がある。それが自然な思考なのだと思う。いつも清潔なブランドのシャツを着たい。ピカピカの高級車に乗りたい。洗練されたマンションで暮らしたい。我が子だけはいい学校に進学してほしい。

 そこにある心はどうだろうか。シャツやクルマや家や学歴で心が変わるだろうか。

 そこには、経済的格差があるだけで、決して心に格差があるわけじゃない。シルクのシャツを着ていても、心が温まらない人もいる。ベンツに乗っていても、ロールスロイスじゃないと満足できない人もいる。マンションに暮らしていても田舎に暮らしたい人もいる。東大を卒業してもその意味を見つけられない人もいる。

 心を見つめた時、その心の穏やかさ、豊かさ、確かさを感じられるなら、それこそが上質な心なのだろうと思う。

確かにある「気配」という存在

 それがもし、映像として見えたなら「オバケ」とか「幽霊」とかになるんだろうか。今日もそんな「気配」を感じる瞬間があった。

 今日の晴れた午後。ある建物の2階。入口の扉には表面が凸凹したガラスがはめ込まれていて、向こうの光が透けて見える。ふとした瞬間にその向こうの光の中に人影が動いたような「気配」がした。そこはすぐ階段があって、さらに下には鉄の扉がある。もちろん、そのあと確認はしたが、誰もいない。いるはずがない。しばらくするとその「気配」は部屋の中に入ってきて、ゆっくり移動していった。その部屋の中には私以外に4人の人がいたが、誰もその「気配」を感じてはいない。

 見えない幽霊を「見た」とは言わない。それは確かに感じたけれど「気配」でしかなかった。きっと、ほんとちょっとした光のゆらぎだったのだろう。それがたまたまぼくが座った場所だけに感じられたのだ。

 以前、ある会でたまたま全盲の方と同席することがあって、その人が言った。「今日は15、6人くらいだな。」って。100人くらいはゆうに入れる会場だった。足音を数えていたのだろうか。見渡すと確かにそこには10数人の人がいた。「わかるんですか。」と僕は尋ねた。「うん。割と正確に。」足音や話し声、ドアの開け閉めの回数を数えているわけではない、とも言った。もっと人が多くてもあまり外すことはないそうだ。百人、千人規模だと分らないかもしれないが、もしかしたらそれでもわかるのかもしれない。その人はいつも、まるでぼくが見えているかのように、ぼくとまっすぐ向き合って話す。

 盲目の人がすべてそうだとは限らない。でも、思い出すと「気配」のする方をまっすぐ見る人は多い。

 人は見えるものに頼ろうとする。データがあれば、データを信用する。ことがらを理性的に判断しようとする。それもある種の知恵だと思う。その方が間違えにくいし、知識があれば、判断も早い。しかし、そのデータが間違っていたら、その知識が間違っていたら、そう考えたらどうなるだろう。

 「気配」というのはなんだろうか。ほんのちょっとした変化。光だったり、音だったり、においだったり、温度だったりする。きっと、数値では計れないような変化、データに残らないような変化、なのではないだろうか。

 自然界の生物はみな「気配」をただ感じて、見逃さないだけでなく、それを感じている自分自身を信じて、人間がデータに頼るよりも確実に判断をするのではないだろうか。

 現代の人間にも、ぼくにも今すぐできることがある。確かにある「気配」という存在、それを見逃さないこと。それを感じている自分を見ることだ。データや知識はそれから参考にしても遅くはないのだろう。



ズワイガニ漁が解禁です

 富山県から島根県の日本海で、2016.11.6、ズワイガニ漁が解禁になりました。ズワイガニの雄を山陰では「松葉ガニ」と呼んでいます。その中でも(1)甲羅の大きさが13.5センチ以上、(2)重さが1.2キロ以上、(3)脚が全部そろっていること、(4)色が鮮やかなこと、(5)身が詰まっていることの5つの基準に当てはまるカニを10人の目利き人がトップブランド「五輝星(いつきぼし)」として認定しています。

 昨年も最高値を付けた鳥取市賀露の中村商店が今年は130万円の高値を付けたらしい。初セリで高値をつけるというのは、ご祝儀的な意味もあるが、今年はそれに加えて鳥取県中部地震の復興を祈ってという意味もあるそうだ。それにしても高い!

【予約販売】松葉がに[生][訳あり][足折れ混じり]超特大 1枚(1kg前後)【送料無料】蟹の本場!鳥取県岩美町 松葉ガニ まつば 蟹 カニ かに 松葉 ガニ

価格:7,980円
(2016/11/8 08:22時点)
感想(46件)

日本のキュビスム展

 鳥取はいいところだ。晴れた休みの日に美術館(実際は鳥取県立博物館だが)に行っても、人が少なく、ゆったりと鑑賞できる。人口が少ないというのはメリットも多いものだ。キュビスムといっても、作品はいろいろだ。これぞキュビスムという作品からキュビスム的な作品やら、シュールな作品やら。おもしろいのは、見ていて、自分の感覚をぐりぐりと動かされるような感じがすることだ。楽しかった。館内に入って、外に出ると1時間が過ぎていた。

 鳥取市内に出たのは、他にも用事があって、こっちのほうが本来の目的なのだが、とりぎん文化会館というところでイベントがあって、岩美高等学校ブルーマーティン・ジャズ・オーケストラの演奏を聞きに行った。

GarageBand読本

TASCAM US-4X4 SC 安心の日本正規品!CUBASE LE付属!

価格:20,412円
(2016/11/5 18:12時点)
感想(0件)