摩尼寺、善光寺如来堂のご開帳

 2016年10月30日(日曜日)、秋の日の柔らかな日差しと青空のもと、今日は、摩尼寺境内にある善光寺如来堂のご本尊のご開帳に立ち会うことができた。来る11月3日には中国霊場の各寺の住職たちが一堂に会し、法要が行われるらしい。今日のご開帳は、実に80数年ぶりというから、当の住職ですら初めてという貴重な機会であり、緊張感ただようものであった。

 如来堂の中は、中国三十三観音霊場のご本尊の掛け軸とお砂踏みが用意され、ご開帳に先立って、10時から摩尼寺の僧侶3師によりお砂踏みと読経が行われた。立ち会ったのは、20名ほどだったが、県外からの熱心な信奉者の方もいて、遠くは山口の方からはるばる訪ねてきた方もいたほどだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA