地震お見舞い

 10月21日の先日の地震には驚きました。岩美町田後の自宅の2階にいて、プリンターで印刷をしていました。最初、プリンターが壊れてガタガタ揺れているのかと思いました。そのすぐあとに揺れが大きく感じられたのと、防災の放送とスマートフォンがけたたましい警告音を流し始めたので、「地震だ!どこが震源だ?この近くか?」と思い、階下に降りていくと、息子と母が怯えて何か言いながら右往左往していました。

 しばらくして、揺れが収まったので、テレビを付けると丸印だらけの日本地図が目に入りました。その範囲の広さでかなりの地震だったのだとわかりました。震度を示す「6」という数字もまたかなり衝撃的でした。その赤い丸は鳥取県中部にありました。「火は使っていないな。」「落ちているものはないな。」とようやくいろんなことを考え始めます。倉吉市周辺にいる何人かの知り合いにメールを送りました。一言「無事ですか。」と。返事が返ってきた方、電話をくれた方といろいろでした。「無事です。ありがとう。でも怖いので、車の中にいます。」「そうですね。収まるでしょうから。ともかく無事でよかった。」そのような話をしたりしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA