シンプル&タコ

自分を見つめようとするときに、今まで、できそうでできなかったことが、「何もしないこと」でした。

なにもしないことが、できない。

禅問答みたいですね。

でも実際、常に何かをやろうと、できることをひとつでも、こなそうとしていたと思うんですね。

そういう意味ではがんばっていた。

◆スポンサードリンク



まず「これをやろう。」とアドバルーンを上げるんです。

そのアドバルーンに向かって走り出す感覚です。

たいてい、途中でアドバルーンを見失ったり、他にすることができてしまうんです。

そうこうしているうちに、いろんなことができるようになってきた。人生って、そういうもんだと思い込んでいたと思います。

やればできる。がんばれ。

そんなことばを、これまでも何度も聞いたことがあります。

可能性、未来。まさにアドバルーンですね。

今は、手の届くところを、少しずつ整理をしているような感じです。

人生をあきらめたのかって?

いやいや、とんでもない。

時間も空間も物質も人とのつながりも、自分の意識からつながっているものだと気がついたからです。

まず、ここ。

そう感じたからです。

まず、自分をもう少し知ろうと思います。

で、ときどき、腰を痛めるのも、からだの硬さと血流の悪さがあるからなので、ストレッチをやります。タコになります。

心も、体も、ストレッチ。

◆スポンサードリンク


ただそのままを活かして、生きること(ブログ)
鳥取の出張のできるパソコン&音楽教室、レッスンの「パソコン教室のエフセブン」へのリンクはこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA